心とからだを育てる豊かな完全給食

   たのしい給食で健康な身体づくり

 

    きゅうしょくだより

     安全な食材で完全給食  きめ細かなアレルギー対応

     手づくりおやつや延長保育での夕食も含め、トータル  で多彩な献立

     野菜の栽培ともつなげた食育(クッキング保育など)のとりくみ   


食べることは、子どもたちの成長過程の中で身体づくり、意欲づくりに大きく影響します。 保育とのかかわりを大切にし、文化としての食事、身体作りを自覚していく(科学の目を養う)食物のとらえ方、仲間とのふれあいの場としてのたのしい食事を位置付けて いきます。クッキング保育も「食べること」に意欲的になれるよう、その年齢に応じてとりくみを行っていきます。

近年多くなってきている食物アレルギーへの対応もひとりひとりの状況に応じた除去食を取り組んで行きます

産休明けの乳児から就学前の幼児までは、食生活の基礎を形成する大切な時期です。離乳食から幼児食までの時期に必要な咀嚼力、嚥下力(のみこむ力)をつけ、好き嫌いをなくしていくとりくみをしています。

 また、おやつもできるだけ手づくりを心がけています。添加物のない新鮮な材料を使用し、衛生管理にも配慮しています。

子どもたちの24時間の生活リズムを考慮し、夕軽食もつくります。